患者さんの権利

患者さんは、人間としての尊厳を受けながら医療を受ける権利を持っています。

医療は患者さんと医療提供者とが互いの信頼関係に基づき、協働してつくりあげていくものであり、患者さんに主体的に参加していただくことが必要です。このような考え方に基づき、湖南病院は、患者さんに次のような権利があることを宣言し、その宣言を守り、患者さんの医療への主体的な参加を支援していきます。

医療法人 周行会 湖南病院

個人として常に人格を
尊重される権利

個人の人格や価値観などが尊重され、医療提供者との相互協力関係のもとで医療を受けることができます。

必要かつ適切な医療を
公平に受ける権利

社会的身分、人種、民族、信条、性別、障害の有無に関わらず、必要かつ適切な医療を公平に受けることができます。

十分な説明を受ける権利

患者さんとのコミュニケーションを大切にし、わかりやすい言葉や方法で患者さんが理解できるように説明し、十分納得を得られるよう努めます。
もし、わからないことがあれば、遠慮なく質問してくださるようお願いします。

自分が受ける医療に参加し、
自ら決定する権利

患者さんは自覚症状など治療に関わる情報をできる限り正確に伝えることにより、十分な説明と情報提供を受けた上で、自分の意思で治療方法等を決定する権利があります。
また、してほしくない医療を拒むことや他の医療機関を選択し、転退院することができます。

自分が受けている医療について
知る権利

自分の受けている医療について、わからないことがあれば、医療提供者に質問してくださるようお願いします。また、診療情報についても「診療情報提供に関する指針」に基づき開示いたします。
(有料、詳細は外来窓口でお尋ね下さい。)

個人のプライバシーが守
られる権利

診療の過程で得られた患者さんの個人情報の秘密保持や患者さんのプライバシーの保護について、厳正に取り扱っていきます。