看護部部門紹介

理 念

ひとりひとりを大切にする看護

  1. 湖南病院の理念と基本方針をもとに、社会変動や医療の進歩に応じた看護を提供していきます。
  2. 入院から退院、退院後を含めて一貫した看護を提供し、患者さんにとってより望ましい社会生活が送れるように援助していきます。
  3. 人間を全体的な存在として捉え、人が人を癒すことを基本に、患者-看護者関係を発展させ、患者理解を深め、治癒へと導いていきます。
  4. 治療チームの一員であることを自覚し、看護者の立場から主体的にチーム内の役割を担っていきます。
  5. 病棟が治療的雰囲気に満たされ、古いものを活かし、新しいものを積極的に取り入れ、常に柔軟で変化に対応できる組織作りを目指します。
  6. 精神科看護の実践者として、誇りと気概をもち、自己の健康管理に留意し、自己啓発に努め、湖南病院の発展のために寄与していきます。

活 動

病棟看護

  • 急性期には、マンツーマンを基本とした個人精神療法的な関わりと、心理教育、服薬教室などのプログラムを展開しています。
  • 回復期や社会復帰に向けたリハビリ期には、担当看護者との関係をベースに、患者さんと看護者が共に将来を展望しながら、生活力の回復や獲得を目指し、個別的・集団的活動を展開しています。

    詳しくはこちらをご覧下さい。

地域看護

  • 保健師や看護師による、個々の患者宅への訪問看護や職場の訪問を行っています。
  • また、地域のサポート機関である保健所や市町村の担当者、地域支援者の方々との検討や調整なども積極的に行っています。

外来看護

  • 患者さんは、様々な思いを抱え外来を訪れます。安心して受診していただけるよう、決め細やかな対応をはかっていきたいと考えています。
  • 外来においても、より効果的な看護が提供できるように、入院中から、主治医や病棟看護師等と連携をはかり、継続した看護の提供をめざしています。

教 育

看護学校臨地実習病院

  • 滋賀県立総合保健専門学校 看護学科
  • 滋賀県堅田看護専門学校

卒後教育

  • 採用年度別学習グループ
    採用1年目は、毎週1回の学習会を開催
    2年目以降も月2~1回の学習会を開催
    月1回のメンタルケアワーカー学習会を開催
  • 院内ゼミナール
    毎年度末に、看護事例報告を中心とした研究発表の場をもっています。

   詳しくはこちらをご覧ください。