基本方針

  • お年寄り一人ひとりの希望や気持ちを最大限に尊重し、個々人にあった生活が送れるよう努めます。
  • お年寄り一人ひとりの持つ能力が十分に発揮出来る事を大きな目標として、その人が出来ないことはゆっくり、丁寧に、あたたかく、親身になって支援します。
  • 職員は地域の事業にも積極的に参画し、地域の方々には施設の活動に随時・自由に参加していただけるよう努めます。

介護老人保健施設とは

入院の必要はないが介護や支援が必要と認定されたお年寄りのための療養、リハビリ施設です。
のびやかな自然の中、三上山が美しく見渡せ、時には大きな虹がかかります。
夜は、町の灯りの中を遠くに新幹線が走り抜け、お年寄りの心を和ませてくれることでしょう。
ご家族を支えながら、お年寄り一人ひとりの自立と家庭復帰を目指し、医師を始め全職員が心を込めてお手伝いをいたします。

リハビリテーションの方針と
協力医療機関

【リハビリテーションの方針】
起き上がりや、移動、食事、入浴、排泄等の日常生活における種々の動作が、自助具や介助具などの福祉機器を使用しながらも、出来るだけ自分で、あるいは他の介助を得ながらも、少しでも順調に出来て、毎日の生活を楽しめるように、訓練し援助いたします。

【協力医療機関】
野洲病院、守山市民病院、
緒頭歯科医院、湖南病院